ご挨拶


近年、外科的治療技術の進歩や手術用医療材料の開発に伴い、多くの整形外科疾患の治療成績が飛躍的に向上しております。これに伴いまして、後療法を担当する我々セラピストにも術後早期からの手厚い治療体制の整備と高度な専門技術が求められてきております。

実際に、一般社団法人日本作業療法士協会では「手外科専門作業療法士」の認定や一般社団法人日本ハンドセラピィ学会における「認定ハンドセラピスト制度」の導入等、我々セラピストを取り巻く情勢も変わりつつあります。

このような情勢を鑑み、この度、上肢整形外科疾患の治療に従事しておられるセラピストの知識および技術の向上を目的に、「香川ハンドセラピィ研究会」を設立する運びとなりました。活動内容としましては、様々な手の疾患に対するスプリント作製実習などの実技を中心としたハンズオンセミナーを開催し、当会が香川県はもとより近県のセラピスト間の学術的交流による情報交換の場となればと考えております。

今後、四国四県のハンドセラピィに関わっておられる方々並びに、医療機関や関連団体の方々のご協力をいただきながら、香川県はもとより中国・四国地方のハンドセラピィに関わるセラピストの技術向上に寄与できる研究会にしてゆきたいと考えております。